恋愛から結婚へ

kataomoi_p
順調に交際を続ければ、いつかは結婚するということになります。
今まで以上に二人の関係は親密になり、辛いことも二人で協力して乗り越えていき、家庭を築いていくことでしょう。

しかしながら、結婚となると、まずはプロポーズをして、そして結婚式を挙げて、夫婦として生活していきます。
いつどこでプロポーズするか、結婚式はどうするのか、結婚式をするなら予算はどれぐらいにするか、など考えなければならないことも多数あります。

結婚となると、現実的な話だとお金が必要になってくるのも事実であり、それなりの資金がないと結婚生活のスタートは苦しくなってしまいます。

結婚にかかる費用

最近ではジミ婚といって結婚式にお金をかけないカップルもあり、また籍だけ入れるというカップルもいます。
しかし人生で一度きりの結婚なら、思い出として結婚式を挙げたいと思うものでしょう。

結婚式を挙げるとなると、費用はどれぐらいにするのか、結婚式場はどこにするのか、またどれぐらいのお金がかかるものなのか、と色々と考えて決めなければなりません。

結婚式でも、式だけ挙げるのか、披露宴もするのかでも金額が変わってきます。
さらに、どれぐらいの人を招待するのかでも、式場の規模や金額が変わってくるのです。

結婚式にかかる費用」ではそれらを紹介します。

結婚の心構え

結婚するとなると、常にパートナーと一緒にいることとなり、交際をしていた時とは毎日の過ごし方が違ってきます。
それ故に結婚するには心構えも大切です。

結婚というと、二人が結ばれ幸せに暮らすという甘い側面のみならず、パートナーとの人生を共有し、子供が生まれれば子供のことも考えなければいけません。
時には犠牲を払って、相手のために尽くすことも必要になるかもしれません。

結婚すれば、一人分の生活から二人分の生活になり、金額面でも2倍の負担があります。
夢だけでの結婚では生活が成り立たなくなります。

「結婚の心構え」では、そんな結婚するにあたっての心構えを紹介します。

プロポーズのタイミング

結婚するには、やはりまずはプロポーズをしてOKをもらわなければ始まりません。
交際を続けてお互いの仲を知っている間柄とはいっても、プロポーズをどこでするかは問題です。
相手にまだその気がなければ断られてしまうかもしれません。
また一生に一度の大切な結婚の申し入れの機会でもありますので、失敗できないというプレッシャーも大いにあります。
気持ちだけ焦っても、なかなかプロポーズできないこともあります。

どのような時にプロポーズするか、記念日にするか、自分が出世したタイミングでするかなど、人それぞれですが、プロポーズを受け入れられやすい時期というのもあります。

「プロポーズのタイミング」では、そんな重要ないつどこでプロポーズをするのかについて紹介します。